ウィング スパイカー。

リベロとは違ってスパイクを打つことも可能ですがほぼ、打つことはない。

ウイングスパイカーとオポジットとスーパーエースはどう違うのですか? オポジットは、セッター対角の選手の事を言います。

これまで、ウイングスパイカー WS という呼称を用いることが多かったが、近年になって日本バレーボール協会は用語統一のための指針を示し、の呼称を用いずにアウトサイドヒッターを用いるよう通達を出した。 かつては センタープレーヤー がバックアタックを打つこともしばしばであったが、現在はミドルブロッカーが後衛に回った際はリベロと交代するシステムを採るケースが多いため、バックアタックのほとんどはアウトサイドヒッター(を含む)が担当する。 それゆえ、アウトサイドヒッターにはスパイクの能力だけでなく高いサーブレシーブの能力が要求される。 スーパーエースはここぞという時に1点決めてくれる選手で、アウトサイドヒッター ウイングスパイカー と違い基本的に守備には入りません。 後衛のウィングスパイカー(レフトアタッカー、ライトアタッカー)がバック位置(アタックラインより後ろ)で打つスパイクをバックアタックと呼びます。 多くのチームは機動力のあるアウトサイドヒッター2名とリベロの3人をサーブレシーブ要員に充てている(サーブレシーブが不得手な選手がアウトサイドの対角に入る場合には、その選手の代わりにオポジットの選手がサーブレシーブに参加する場合もある)。 バレーボールのウィングスパイカーは、アウトサイドヒッター・サイドアタッカーとも呼ばれます。
83

「クイック+バックアタック」で時間差攻撃する場合もあります。

すなわち、アウトサイドヒッターはセカンドテンポないしはサードテンポのスパイクを担当するスパイカーであるといえるが、より速い平行トスや極めて低いセミクイックはファーストテンポに分類されるという解釈がなされる場合もある(ファーストテンポはトスアップと同時にジャンプの踏切り動作を行う攻撃を指す)。

進学に力を入れており、バレー部からも国公立を数名出している。

これについてはまだ試合を見ていないので自信はないのですが…><. 従来のオープントスはサードテンポの攻撃に相当し、トスが上げられた後にトスの高さと方向にあわせて助走を開始するスタイルであった。

いわゆるエースと呼ばれる人はここの人です。

守備も出来る人です。

スーパーエースは、オポジットが使われる昔のいいかたなので、オポジットとスーパーエースは同じ意味になります。

ですが大体ウィングスパイカーというとレフトポジションの人のことを指しますかね。

これについてはまだ試合を見ていないので自信はないのですが…><. 普通科のほかに国際科、理数科がある。

ちなみにウイングスパイカーは、両翼から攻撃するってイメージがありますが、実際にはレフトサイドからの攻撃がほとんどです。