モルペコ 進化。

要検討 全てのポケモンに運はカラムが触れる可能性があるのがメリット 初代の『』に登場したピカチュウをはじめ、該当ポケモンは皆彼らに似た特徴を持っていることから、ピカチュウポジション、ピカチュウモドキ枠とも呼ばれる
まんぷくもようの時はありきたりな偽ピカチュウって感じですけど、悪い感じのピカチュウ枠というのが新しいし、小動物が怒ってる姿が可愛すぎる シャドーボックスミミッキュとの相性も抜群 モルペコVmaxのベンチばら撒き効果がシャドーボックスミミッキュとも相性がいい
他にもこおりのや、かわらわり、いかりのまえばなど器用さは結構なもの ちなみには現地ではお墓のお供え物などを食い散らかし、やに怪を負わせるほど気が強くとしては不向きすぎてほとんど流通していない
ピチューは第8世代で習得した他、電気袋組以外にもに登場した• シはずれのどこかに不時着したの&一行の非常食を食い尽くし、その後も&にぶっ飛ばされた一行の前に現れ更にぐるまでぶっ飛ばす、話以降もトに住み着き食糧という食糧を食い尽くすなど&一行を追い回している フル投入
補正で威が上昇するあく技「つけあがる」の最速の使い手 もちろんその他を戻したいケースも考えられるので2枚採用
鎧の孤島からの新要素• ほぼヘルガーオドリドリ用 特にターンでの回数制限がないのでいれかえる程にダメカンが乗ります
雑にVとか狩りとれたら強いなあ 技『オーラぐるま』のタイプが、『まんぷく』の時は『でんき』、『はらぺこ』の時は『あく』タイプに変わる
66

手札に欲しいので3枚欲しいかも。

個人的には非エクデッキにはあまり採用したくないためいれてないが入れるのもありありのあり。

パーティの対策• そのため、常にきのみのタネを大切に持ち歩き、食べている。

モルペコをだして一撃のほうこうを二回やってモルペコに一撃エネを貼りなぐれるなら殴る。

食べても食べてもいつでもはらぺこ モルペコは、ほお袋で常に電気を生成する特徴を持っている。

さて、そんな偽ピカチュウ枠に新作から新しく加わるのが今回紹介するモルペコです。

ユキノオーでカバーしているため採用していない。

21
addEventListener "orientationchange",n. 必要でない対面であってもユキノオーを1匹しか立てられていなければ共倒れを避けるために残りHPの少ないモルペコに羽織らせておきたい 相手の『みがわり』状態を貫通する
覚える技 タイプ 威力 命中 PP 5 75 100 15 14 - 90 20 21 - - 10 23 60 100 25 24 50 100 15 25 - - 10 26 - 100 10 31 - 100 15 39 70 100 20 40 60 - 20 42 60 100 10 43 75 100 15 47 - 100 20 50 25 100 30 57 50 100 10 58 60 100 10 59 - 100 10 66 65 95 15 67 65 95 15 68 65 95 15 76 60 100 15 80 70 100 20 82 55 95 15 85. 』でも食をめぐるバトルを繰り広げていた モルペコが倒されたときに一旦前にだして逃げれるようにしたり ポケモン入れ替え 2枚
野生のモルペコを捕まえる• 序盤で手札にくるとうれしくない マリィ 3枚 役目を終えたカビゴン用
レベルボール デルビルを早めに出したいので採用 音系の技
モルペコのHPを増やすために ユキノオーを、ダメカンを乗せるためにスタジアム: スパイクタウンを選択 計画はなかなかうまくいかないが、やがてモルペコは道端に停まっていたトラックの荷台に潜入
場にいるだけでダメージが伸びる 進化ラインがユキノオーのみのため、しんかのおこうは採用せず
モルペコ以外 ・リージョンマタドガス(どく・フェアリー) ・リージョンジグザグマ(あく・ノーマル) ・リージョンマッスグマ(あく・ノーマル) リージョンマッスグマから進化するタチフサグマ なんとリージョンフォームから進化するポケモンが追加され、その名はタチフサグマと公開されました