クオモ 知事。

自らと政権の過ちを認めようとしない もっと知る 3人の女性が、州知事という強大な権力を持つ立場のクオモ氏に対し、どれだけの恐怖の念を抱いたかは計り知れない。 70

父親の選挙管理者としてキャリアをスタートさせ、その後ニューヨーク市の地方検事補を経て、私立の法律事務所に入る。

コメント• クオモ氏の主張はこれまでに明らかになってるように、実際の実施は州レベルに任せて欲しい(あるいはゴチャゴチャ口出しするな)、但し、連邦政府は、単独の州ではなく全米を相手にしている検査会社間の調整や、国際調達を担当して欲しいということだ。

さらにある公的行事の際には、クオモ州知事が彼女の両頬にキスし、腰に手を回してウエストをつかんだこともあった。

2020年3月6日、クオモはCOVID-19発生に対する米国政府の対応、具体的には検査体制の遅れが各州に影響を与えていることや財政支出が不十分であることを批判した。

恥ずかしい。

菅政権や徒党を批判する資格もない。

29