壬氏 プロポーズ。

内心嫌がる猫猫だが、毒味役が不在なわけにもいかないとついて行くことに。

大量の仕事を抱えながら、事件続きの毎日に、睡眠時間をほとんど取れていない壬氏 ということで、薬屋のひとりごと十巻、来年一月末発売予定でございます
まだまだ壬氏の片思い感は否めませんが、話が進むごとにお互いの理解が深まっていく様子はうれしいものがありますね 壬氏にとって大切なもの…それが猫猫です
」 あの猫猫が…! 壬氏に敢えてこんなことを言うなんて信じられないほどの急展開です! まるで告白を要求しているかのような発言ですよね 園遊会、始まる 色々なところで諍いが起きています
」と苦悶の表情を浮かべる猫猫に、壬氏は「苦しいか?」とつぶやき、首をしめていた手を後頭部に移動させ、もう一方の手は腰をそっと抱き寄せる 猫猫はとんでもない秘密を共有することになってしまいましたが、周りに隠れてこっそり壬氏の手当をしながら、外科的知識と医療の技術を身につける必要性を感じていました
今までの2人にはない急展開に読者も大興奮となりました! " 【薬屋のひとりごと】プロポーズした状況は売り言葉に買い言葉状態?? 壬氏がプロポーズに至った理由は売り言葉に買い言葉でした 壬氏が正体を隠していたのは、現帝への裏切り者をあぶり出すためです
当然妃である玉葉妃も参加する必要があり、その侍女達も同伴となる ゆえに、誰も当人たちがやったとは思わないだろう
だめだ、楽しいことを考えよう その妻ともなれば様々な苦労や制限もあるでしょう
やや首を傾げながら、執務室の扉の前で来訪者を待つ 連日の睡眠不足と、猫猫の態度にイラっとしてしまったのか、普段の壬氏なら口にしない言葉だった
18 59
このままでは権力を使って無理やり結婚させることになってしまいます。 壬氏の拙いアプローチと猫猫の塩対応は「薬屋のひとりごと」の名物シーンです。 「まっすぐしっかり言えばいいんだな!!絶対だ! 猫猫!俺はお前を妻にする!」 エンダーーーーーーーーーイヤーーー!! 言いやがった。 今では東宮も2人生まれ、壬氏はせっせと王位継承権を破棄しようと準備中です。 持っていたのは男としては過剰なほどの美しさだけ。
73