目 が 入る ことわざ。

人のそばに、その人の好きなものをおいておくと、危険だ。

抜け目がない人はゆっくり行動しないので、結果的に『素早い』という意味合いも含まれます。

人が自分のためを思って注意してくれることばは、聞きづらいものである。

豪毛(ごうもう)とは極めて細い毛のこと。

雲煙過眼(うんえんかがん) 物事に淡白で執着しない様子。

四字熟語にも、たくさんの表現があります。

91
【スポンサーリンク】 「か行」のことわざ意味付き 日ごろ、めんどうをみていた者に裏切られたり、害を受けたりするということ ちなみに、千里は約3,900kmという距離になります
「三年」は年月的な三年間を意味するのではなく、多くの月日のことを例えています 前回が「目」から始まることわざでしたので、今回はそれ以外のものになります
故事成語 良薬は口に苦し 読み方:りょうやくはくちににがし 意味:自分のためになるような忠告は、なかなか素直に聞けないものだ 遠くはなれて暮らす親類よりも、近くに住んでいる他人のほうが、いざというときにはたよりになるということ
日の目を見る(ひのめをみる) 長く世の中に知られていなかったことが、人々に知られるようになること 耳 慣用句 聞き耳を立てる 読み方:ききみみをたてる 意味:注意してよく聞こうとする
知れば気になることが、知らないために心配もなく、平気でいること 故事成語 良薬は口に苦し 読み方:りょうやくはくちににがし 意味:自分のためになるような忠告は、なかなか素直に聞けないものだ
鼻持ちならない 読み方:はなもちならない 意味:言うことやすることがいやみでがまんできない ことわざ 仏の顔も三度 読み方:ほとけのかおもさんど 意味:いくらおだやかで優しい人でも、ひどいことを何度もされればおこる
「鷹の目」の意味とは? 「鷹の目」の意味は「熱心に何かを狙う鋭い目つき」 「鷹の目(たかのめ)」は、「獲物を見つけようとする鋭い目つき」を意味します 【ろ】• 誰にでも気づかないことがあることのたとえ
47